fc2ブログ

夜市 ★★★☆☆

『夜市』 恒川 光太郎 著 2005 角川書店

ホラーというよりは幻想的なファンタジーといえる作品。

最初から最後までその美しい世界にはまり込む。

ファンタジーの世界の記述はあくまでもさりげなく、現代の現実世界の感覚とのバランスが絶妙だ。

短編ではあるが、ストーリー構成もしっかりしていて次第に明らかになっていく事実に驚かされ引きずり込まれていく。

このあたりミステリー作品と同じ手法で面白い。


ただ、読後に思ったのだが、これって映画「ジュマンジ」のコンセプトと似ているような気がするな。。。

選考委員激賞の、第12回(2005)日本ホラー小説大賞受賞作。



関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント