FC2ブログ

ディパーテッド ★★☆☆☆

やはりこの映画のオリジナル、「インファナル・アフェア」を超えることは出来ていない。

オリジナルと違う面を出してくれればよかったのかもしれないが、そのような部分はほとんどなく、ストーリーもオリジナルに忠実。

なのに、本作では緊迫感が全く感じられない。
オリジナルでは、手に汗握る心理戦が見所の一つだったが、そういったハラハラドキドキが抜け落ちてしまっている。

ポイントとなる場面場面は、微妙に作りかえているが、いずれもオリジナルの方がいい。
改めてオリジナルのレベルの高さに気付かされる。

マーチン・スコセッシの手腕もその昔の作品の面影はほとんどなく、描写に深みがない。

また、オリジナルはまさしくノアールと呼べるような作品だったが、ディカプリオにはトニー・レオンのような深い哀愁は感じられなかったのが残念。

ネタ切れハリウッドの出来合い映画の感強し。
これをオスカーにノミネートするというのはちょっと違うんじゃないだろうか。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント