ナチョ・リブレ 覆面の神様 ★*☆☆☆

私はこの映画にノることができなかった。

ジャック・ブラックの凝ったコメディ演技は健在だが、あまりにもベタなギャグのオンパレードに閉口。

ベタならベタなりに泣かせる展開になってくるかと思っていたら、今ひとつ演出不足。

こうやって書いていると色々思い出してきた。
意味不明のトレーニング、中途半端なレスリングの試合、ヤセのキャラクターは見ているだけでいらだってくる。。。

「スクール・オブ・ロック」はよかったけど今回はダメだ。



関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント