パチンコに行ってみた

久々にパチンコ屋に入ってみた。

10年位前に1年間くらいよくやっていた時期があったが、今回はほとんどそれ以来のこと。

結構調子のいいときも続いたんだが、最後負けが続いて止めてしまった。
そのときの通算成績はトントンくらい。
一回の勝ちは1万円くらいだったかな。1万5千円になると結構うれしかったのを覚えている。

止めつつあったころはちょうどCRパチンコが人気になり始めた頃と思う。
CRといっても、投入額も大きくなるが当たりもでかくなる種類の台というほどの理解しかないのだが。
確変やら何やらパチンコ雑誌を読まないとついていけそうになかったのでめんどくささも手伝いパチンコ屋に行くのを止めてしまった。

多少つぎ込まなくてはいけないかな?と今回は少しだけ覚悟してやってみた。

1台目、ウンともスンとも言わない。
5千円つぎ込んだところでいやな予感を振り払いつつ台を変えた。

2台目、4千円つぎ込んでもウンともスンとも言わない。
やっぱりパチンコは完全引退だ!と思いながら最後の1玉が消えていくのを見送った。
目の前で数字が回っている最後の回を呆然と見守っていると、これがなんと当たり!!

あわてて追加の千円をつぎ込んだ。
こんなマンガのようなこともあるんだ!

結局、7連チャンして3万5千円。

パチンコの女神も再び降り立ったか?


関連記事
Category: 日常の発見
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント