FC2ブログ

幸福のスイッチ ★★☆☆☆

和歌山のとある電気屋を舞台にした、最近ブレイク中の上野樹里とお久しぶり沢田研二主演のドラマだ。

さすがに、ジュリ&ジュリーという宣伝文句は使われていなかった。

上野樹里といえばいつも元気で笑顔を振りまく役どころが多いという印象だが、この映画ではひたすらすねまくり、悪態をつく。
見ていてこちらも気分を害するほどだ。

ストーリー展開ものんびりを通り越してひたすら平板な調子。

その上、みんな和歌山弁がうまくない。(和歌山県田辺市の全面的なバック・アップを受けているとの事なのに。)

ありがちな展開ではあるが、ジュリー演じる父親の都会生活では見失いがちな心使いの細やかさと期待していなかった本上まなみの美しさがこの映画の救い。



関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント