佐賀のがばいばあちゃん ★★★★★

 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田 洋七著、2004 徳間書店

物質的繁栄やら競争やら関係ない、人間と人間のつながりのすばらしさ、重要性を改めて思い起こさせてくれる。

この本を読めば、多少の悩みなんてばかばかしく思えてしまう。


関連記事
Category:
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント