FC2ブログ

アマンダ ★★★*☆

アマンダ柔らかな日の光と木陰の揺らめく爽やかな空気の中、家族や仲間とのごく一般的なパリ市民の日常生活。

テロの銃弾は命を奪うだけでなく関わる人たちもの生活を非情に壊滅的に打ちのめす。

今やテロにより修羅の国と化したパリと透明感のある空気との対比が鮮烈だ。

襲われた人に非はなくとも、本人も関わる人たちまでもその一発で致命的なインパクトを喰らう。

ただ、立ち直れないほどの打撃を負った人もそれで終わることはない。

あきらめることはないのだ。

アマンダとこの街の再生の未来に光を感じるラストが美しい。


因みに母親のアリソンは「推定無罪」(1990)でハリソン・フォードと共演していたグレタ・スカッキ。

エンドクレジットで気付いたけれど、あまりにも久しぶりでびっくりした。


第31回東京国際映画祭 東京グランプリ、最優秀脚本賞受賞作品
2019年初夏日本公開予定


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント