FC2ブログ

ウインド・リバー ★★★★☆

ウインドリバーネイティブ・アメリカンが住むウインド・リバー保留地では、少女ばかりが殺され、犯人は見つかることがない。。。

マイナス20℃の世界で深呼吸を続けると肺はたちまち凍結し、バーストする。

なじみのない極寒の世界が舞台であるが故に、普通に過ごしていても次に何が起きるか分からないという緊張感が張りつめる。

強制移住されたネイティブ・インディアンの広大な極寒の地は地元の保安官6名でカバーするのみ。

そんな場所へFBIはラスベガス(砂漠の地)から1名の捜査員を派遣することからもいかにタブー視された場所かがうかがい知れる。

いまだにアメリカに存在する無法地帯同然の場所での事件捜査。

マークしていなかった映画だけに見れてよかった。

見逃すと後悔する作品。

第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞受賞。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント