FC2ブログ

噂 ★★★★☆

 『噂』 荻原 浩著 2006 新潮社

帯に「衝撃のラスト一行に瞠目」とある。
いきなりネタバレかと思いきや、読み終わってなるほどと思ってしまった。

解説にもあるが、当初このラストの一行に気づかない人が多く、文庫化される際にかなり改稿されたらしい。

その改稿が影響しているかどうかはわからないが、犯人はかなり前の段階で予想がついてしまった。
そういう意味でミステリーとしては今ひとつかもしれない。
(それでもラスト一行には驚かされるけど)

また、この作者の作風である、重すぎず軽すぎないトーンと笑いと感傷の絶妙なバランスはこの作品でも効いている。

それと、この作者は中年との対比で描かれる現代の若者の描写がいつも面白い。

関連記事

テーマ: ブックレビュー | ジャンル: 小説・文学

Category: 小説
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント