ラッカは静かに虐殺されている ★★★☆☆

ラッカは静かに虐殺シリアの、イスラム国に制圧され首都にされたラッカの現状を描いたドキュメンタリ映画。

報道で闘う市民ジャーナリスト集団「ラッカは静かに虐殺されている(RBSS:Raqqa is Being Slaughtered Silently)」の活動を追ったものだが、あまりにも簡単に人々が殺されていく様子は見るに堪えない。

人命の軽さと死の近さの感覚があまりにも違い過ぎることに驚き、それが日常になっているという現実を感覚的に理解することはあまりにも困難だ。








関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント