もしも昨日が選べたら ★★★☆☆

映画はそれなりに面白かった。
ちょっと早送りのシーンが多すぎたかなというきらいはあるが。

結果だけ急ぎすぎて過程(家庭)をないがしろにしても意味がないという強烈な批判の映画で、こういう映画が登場してヒットするというのは、アメリカでも結果至上主義の是非に関して注目が集まっているということだろうか。

確かにこの万能リモコン、いい機能が満載で使いたくなる気持ちもわからないでもない。

テレビで映画を見ていて思わず早送りしようとしてできないことに気づくことがあるけど、似たようなものだな。ちがうか。


日本語字幕の監修にパックンが参加している。

関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント