X-MEN:ファイナル ディシジョン ★★★★☆

期待せずに見に行ったが予想以上におもしろかった。

後半からの迫力は恐怖感さえ覚えるほどのすさまじさ。
こんな感じで再度、大友克洋の「AKIRA」が実写映像化されればいいのに。

「ハード キャンディ」の14才の少女を演じていた女の子まで登場していたのには驚いた。
今注目の女優さんなんだろうか。

ただ、ファイナルと謳っておきながら、さらに続編をにおわせるラストには辟易する。(原題は「The Last Stand」(最後の砦)ではあるんだけど。)

エンドタイトルの後にも映像あり。
関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント