ジャスティス・リーグ ★★*☆☆

ジャスティスリーグ「ペットセメタリー」は自分のオールタイムホラーベスト5に入るトラウマになる直前まで震え上がった怖い映画だった。

そして、その映画で学んだことは、死んだものは生き返らせてはいけないということ。

本作では前作にあたる「スーパーマンvsバットマン」で死んだスーパーマンを「ペットセメタリー」の儀式よろしく蘇らせてしまう。

しかも、フラッシュにセリフで「ペットセメタリー」のようだなどと言わせてしまう。

無理矢理この映画と結びつかせてしまう演出も疑問だが、人為的に生き返らせるところに嫌悪感と拒否感がでてみてられなかった。

そもそもこのシリーズ、「特技は金持ち」と自虐的に言うバットマンが情けなく見えるだけなのでバットマンファンにも受け入れられないんじゃないだろうか。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント