彼女がその名を知らない鳥たち ★★★☆☆

名前を知らない鳥阿部サダヲと蒼井優の熱演が光る。

特に蒼井優の演じる十和子のダメ女っぷりがあまりに自然でスゴすぎる。

映画の宣伝コピーにある通り、共感度0%、不快度100%だが、まぎれもない愛の物語。

ただ、ラストはくどすぎる。

なんでこのタイミングで回想シーンが延々と続くのか。

蛇足も甚だしい。

映画の中で時折挟み込まれる十和子の妄想シーン。

彼女の妄想は時系列もバラバラで彼女自身の混乱ぶりも反映されている。

もしかして、ラストも実は十和子の妄想だったのだろうか。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント