ローガン・ラッキー ★★★☆☆

ローガンラッキー第30回東京国際映画祭で鑑賞。

オーシャンズ11シリーズのソーダーバーグ監督は、自分は知らなかったが、ここしばらくはテレビで仕事をしていて久々の長編映画らしい。

本作は「コヴェナント」のキャサリン・ウォーターストンまで登場と、「オーシャンズ11」シリーズのような今を時めく豪華な出演者たちが次から次へと出てきて圧倒される。

そういう意味でもソーダーバーグ作品っぽい。

ユーモラスでテンポよく進む楽しい映画だが、ちょっと引いてみれば突っ込みどころ満載。

まあ、映画のノリからすればそれもご愛敬といったところか。

ただ、特に目新しさもなかったのは残念だった。

逆に言うとなんで今この映画を撮ったんだろうか。

TIFFソーダーバーグ
ソダーバーグ監督の舞台挨拶(東京国際映画祭)



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント