あゝ、荒野 前篇 ★★★*☆

ああ荒野前2021年の新宿が舞台だが、描かれている世界は昭和な感じが色濃く映しだされる。

冒頭のテロ?爆発も後篇でつながっていくんだろうか。

濡れ場も多いが、意味のないシーンというわけではないので、この映画の魅力の一部としてちゃんと溶け込んでいる。

とにかく、菅田将暉とヤン・イクチュンがすばらしい。

そして木下あかりも。

最初からワクワクさせられる映画だ。

後篇があるので全体的な評価は出来ないが、後篇に向けて期待が膨らむ。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント