エル ELLE ★★★☆☆

ELLEエルポール・ヴァホーヴェン監督の変態映画。

ともすれば、フランス人の一般的な性癖が描かれているのかと誤解しかけるが、この映画のミシェルの周りに変態が集まっていたというだけの話。

主人公のミシェルはある日、自宅で暴漢に襲われ、レイプされる。

そのことをミシェルはあっけらかんと友人に話すのだが、次第にフラッシュバックに悩ませられるようになる。

次第に明らかになるミシェル自身の父親との過去の関係、友人の夫との不倫関係、社内のエロ動画騒ぎ、隣人の男の性癖、女性友人との同性愛志向。。。

あまりにも、ぶっとんだ伏線のオンパレードで正直途中からついていくのが苦しくなった。

相変わらず、ポール・ヴァホーヴェン監督はロックしている。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント