光 ★★★☆☆

光河瀬
のんびりとまどろむ感覚。

つかの間訪れる恍惚感。

言葉にはならない日常から浮遊した瞬間。

それが直ちに何かを起こすというわけではないけれど、そんな一瞬を感じられるかどうかで人生は豊かになる気がする。

そうした普通の人なら見過ごしがちな感情をこの監督さんは描くのがうまいと思う。





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント