怪物はささやく ★★★*☆

怪物はささやくすごく文学的・哲学的な寓話作品。

ファンタジー色もちゃんと付いていて、エンタテイメント的な見せ方も素敵。

何にもとらわれずに自分に素直になって、それを言葉で表現するのは誰もが難しい。

今更ながらにそう思うのだが、これは自分の成長にすごくいい影響を与えるすごく大事なこととしみじみ思った。


あと、シガニー・ウィーバーがおばあちゃん役だったのは時の流れを個人的には感じずにおれなかった。

それと、やはりフェリシティ・ジョーンズはいいな。

「スターウォーズ」に出演したことで変な色が付かなければいいんだけど。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント