LOGAN/ローガン ★★★☆☆

ローガン200年生きてきたウルヴァリンもその特殊能力は影を潜め、寿命が近づいてきた。

主演のヒュー・ジャックマンの実年齢に近づけてきた設定にしか見えなかったりもするのだが、これまでのアメコミ映画にありがちな展開はない一味違う作品になっていた。

ローガンが老眼というダジャレは日本人ならみんな頭をよぎっていそうだ。

ストーリーや設定は期待していたよりは単純で、ローガンも"お父さん"してしまったりと大した盛り上がりも感じられなかったのは残念だった。

特に、他の映画との関連を示すシーンもなし。

ラストはクレジットの後に墓の底から蘇ることをほのめかすようなシーンを期待したがそれもなく、本当にウルヴァリンはこれで終わりかと少し寂しかった。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント