夜明け告げるルーのうた ★★*☆☆

夜明けを告げるルー自分の大好きなアニメ「マインドゲーム」の湯浅政明監督の作品ということで、楽しみにして見てきたが、それがハードルを高くし過ぎたせいか少し残念な結果に終わった。

「夜は短し歩けよ乙女」にしても、より写実的な場面とぶっ飛んだ表現の場面の対比がこの監督の良さでもあると思うのだけれど、今作ではほとんどぶっ飛びっぱなし。

物語も熟成されていない感じでふらついていたのが残念。

真面目に伏線は最後に回収してくれるのだけれど、整理されていないせいで自分としては感動もいまひとつ。





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント