3月のライオン 前編 ★★★☆☆

前編タイトルの「3月のライオン」の英題は、”March comes in like a lion”。

これは、イギリスのことわざの”March comes in like a lion, and goes out like a lamb.”《3月はライオンのごとく来たりて、子羊のごとく去る》からきているらしい。

3月の始め、天候はしばしば荒れ模様だが、少し辛抱すれば、3月終わりには穏やかな天気に恵まれるという。

将棋の順位戦は6月にはじまり3月まで行われるが、3月の最終局に昇級(降級)をかけた棋士は、文字通り”ライオン”になる。

表向きは分からなくとも勝負に対するそれぞれの棋士の心構えや考えが息の詰まるほどに伝わってくる。

佐々木蔵之介はこの映画で初めていいなと思った。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント