ぼくは明日、昨日のきみとデートする ★★★☆☆

ぼく明日無料鑑賞券があったので行ってみたのだが、これが予想外によかった。

序盤はありがちな青春恋愛もののようなスタートで正直眠たかったが、少し遅めのタイトルコールが出る辺りで映画の雰囲気がガラリと変わる。

(「ヒメアノ~ル」のタイトルも同じようなタイミングだったので妙な胸騒ぎが起きる)

よくよく話を聞いてみるとちょっと設定が説明的すぎでくどいけど(笑)

ただ、南山高寿(福士蒼汰)もネタ晴らしの話をあれこれ検討することなく、そのまま素直に受け入れてしまうのはちょっと驚きだ。(受け入れなければ話は進まないのだけれど)

最初この話を聞いても少し複雑すぎて容易に理解できなかったが、これまたご丁寧に最後にちゃんと話を辿り直してくれる。

ただ、ストーリーはいいのだけれど、見せ方がちょっとくどいのが残念。

あと、京都が舞台で、京都の風景もふんだんに映像として使われているのだが、あまり魅力的に見えないのはなぜだろう。

アニメで作るとよかったかもね。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント