世界の果てまでヒャッハー! ★★*☆☆

世界の果てまでヒャッハー
予告編で紹介されているシーンが全てで、本編を見ても目新しいエピソードが少なかったのが残念だった。

ブレア・ウィッチ・プロジェクトから始まったビデオカメラからの視点で描く映画も、おバカムービーまで来たかと感慨もひとしお(笑)

何も考えていないようで考えつくされた撮影方法に驚かされる。

基本的にカットがほとんどない長回しで、これだけテンポよくいろんなことがカメラの前で起きるなんて普通じゃありえない。

このハンディカメラの死角ではたくさんのスタッフが頑張っていたんだろうな。

小型飛行機からのダイブなんて一歩間違えば人が死ぬかもしれない行為だ!!!

ほんとに何も考えていなかったのなら、それは救いようがないけどね。

お疲れさまでした。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント