GANTZ:O ★★★☆☆

GANTZ:O予想外の快作!

タイトルは「ガンツ:オー」と読む。

原作の中でも人気の大阪編の映画化だ。

大阪にも住んでいたことがあるという原作者の大阪愛を感じられる作品。

ここまでCGで出来るのなら、いっそのこと実写で作ればよかったのに。

人物が映る場面以外はもうほとんど実写との区別もつかないじゃないか。

自信の無さの表れか、原作にあるキャラクターも相当数削られているが、原作のファンとしてはもうちょっと頑張ってほしかった。

あと、岡八郎が松田優作に似ていなかったのが残念(笑)

その代わりと言っては何だが、テンポよくアクションは続き、息のつかせる間もないほどだ。

変幻自在のぬらりひょんにも他の原作ファンも狂喜したに違いない。

山咲杏の大阪弁もよかった。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント