デスノート Light up the NEW world ★★☆☆☆

デスノートLUNWラストのタネ明かしは、デスノートらしくてすごくよかった。

ただ、そこに至るまでの物語の80%が退屈。

あまりにも退屈。

たぶん設定はいいのだろうけど、映画を撮る上での脚本化の段階で熟成されきれてないんだな。

池松壮亮(Lの後継者)、菅田将暉(キラの信奉者)といった最近人気の若手俳優の演技も本作ではいまひとつ迫力不足に感じたのは自分だけだろうか。

自分ならこういう物語がするのにと観客に思われてしまう駄作の典型のような仕上がり。

新シリーズが始まるかのようなエンディングだったけど、一般の評価もよくないし、次回作はないような気がする。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント