淵に立つ ★★★☆☆

fuchinitatuキリスト教の教えとヤクザの処世を絡めて語られる序盤は、宗教だから極道だからと言って人が志向する生き方に大きな違いはないということか。

神をすがって生きようともヤクザな生き方としょせん変わらないのだと。

ヤクザの世界で人の道を踏み外したと思い、神の道に救いを求めたとしても何ら救いにはないのだと。









関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント