SCOOP! ★★☆☆☆

SCOOP!映画自体はすごくお下劣な内容。

福山雅治が演じるのでマイルドに感じるが、他の役者だったら見てられなかったかもしれない。

リリー・フランキーは今回初めていいと思った。

イってしまった鬼気迫る怪演が強烈な印象を残す。

吉田羊や滝藤賢一も相変わらずよかった。

二階堂ふみの演じた新人記者はあまりにも阿呆だが、これは脚本が悪いんだろう。

全体的な流れとしては、緩急がなくエピソードをつなげているだけのようだ。

今時テレビドラマでもやらなそうな緩い演出で見ている方も集中力が続かなくなる。

福山雅治は映画の中でもモテモテだが、結局、福山ファンのためのアイドル映画ということだったのね。

この内容で130分超は長すぎるだろうと思うが、福山ファンにしてみれば少しでも長く彼を見ていたいということだろうか。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント