コロニア ★★★☆☆

コロニア1970年代チリの独裁政権下でカルト集団“コロニア・ディグニダ“に拉致されたジャーナリストの恋人を救うために潜入した女性の事実に基づく話。

中盤まではいいのだが、脱出劇になったとたんにダレ始める。

というか、ご都合主義で描写が甘くなった気がする。

ラストの脱出は「ラルゴ」のようだが、「ラルゴ」ほどの見せ方がうまいわけでもなく、緊迫感がないのが残念。

これって、急きょ映画製作の上層部からラルゴみたいにしろと言われて短期間の間に脚本を書き直したとかじゃないかと思ってしまったのは考え過ぎか。

エマ・ワトソンは「ハリーポッター」のイメージ脱却を図ったのかもしれないが、もっといい作品を選んだほうが良かったと思う。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント