スーサイド・スクワッド ★★★☆☆

スサイドスクワッド世界観としては、「スーパーマンvsバットマン」の続編(?)

本作は正義のヒーローに退治された悪役たちが主役ということで、王道のヒーローものの続編はもう作られないということなのね。

(とはいえ、バットマンは本作にもチラと出てくるけど。)

悪役だけにみんな個性的なのだが、みんな悪に徹しきれていないのが残念。

もっとぶっ飛んだことを見てみたかった。

(悪役なりに、もうこれ以上は見たくないと言いたくなるようなキョーレツなシーンのオンパレードを見たかったというのがホンネ。)

せっかくの悪役キャラ映画なのに、作品としては少し小さくまとまり過ぎに思う。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント