ゴーストバスターズ ★★*☆☆

ゴーストバスターズ80年代に制作された同名映画のリメイク。

前作はどちらかというとゆるいギャグ作品だったと記憶しているが、今回のリメイクも同じノリ。

女性の社会進出、SNSによる情報拡散、手軽な動画撮影等、社会変化や文明の利器は可能な限りアップデートされているようだが、人種差別の解消はやはり微妙な描き方。

登場人物の描き方も表層的でゆるい。

リメイクということで、前作での出来事は全くなかった世界での話になっているが、前作の出演者たちがこぞってカメオ出演している。

最後は、ズールまで”登場”し、続編がありそうな終わり方だが、シリーズ化すると感覚的に山田洋二監督の昭和家族のお話のようになるような気がする。

自分は続編はできたとしてもあまり見る気がしない。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゴーストバスターズ』 を鑑賞しました。 先行公開の最終日だけど、14日まで我慢して観て来た 【ストーリー】  コロンビア大学の物理学者エリン(クリステン・ウィグ)は、旧友アビー(メリッサ・マッカーシー)が自分と共同発表した幽霊研究本を承諾もなく電子書籍化しているのを発見。憤慨して彼女の勤める大学向かうが、なぜか一緒に幽霊騒動の起きた屋敷を調査する羽目に。そこで初めて幽霊に遭遇したエリン...

2016-08-29 00:08 | 気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-