ピンクとグレー ★★★☆☆

ピンクとグレー謎が謎のまま終わる映画。

そもそも「ピンク」と「グレー」とは何だったのか。

原作にはあるのかもしれないが、映画だけ見ていてもわからない。

ゴッチの自殺の原因の描き方も曖昧で、それがストーリー全体に締りをなくしているように思える。

ラストの中島裕翔の演技の大根っぷりにも引いてしまった。

ピンクとグレーというその色の持つぼけた印象が映画をぼんやりとさせているが、それが目的なら、時々挿入される生々しい芸能界の鮮明な映像が必要だったとも思えないなあ。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント