セトウツミ ★★★☆☆

セトウツミ関西の男子高校生が学校からの帰宅途中に川岸でだべっているだけの映画。

ああ自分もこんな感じだったと懐かしさすら感じたり、ラインやスマホを駆使するイマドキの高校生ってこんな感じなのかと感心することしきりだった。

しかし、こんなどこにでもあるような話の企画がよく通ったものだと感心するが、出演が池松壮亮、菅田将暉、それと中条あやみだけに見ていて飽きさせない。

深夜ドラマやDVDでもっと別のエピソードも見てみたい。


瀬戸と内海って瀬戸内海を分解しているのは何か意味があるかと思いきや、特になかった(笑)


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント