ポケモンGO レアポケモンの巣に行ってみた

「ポケモンの巣」とは、ポケモンGOで特定のポケモンが常時出現している地域を指します。

その地域ではそのポケモンが出現し続ける状態のため、そこに行けば対象のポケモンをゲットできる可能性が高くなっているということで、ネットで噂の巣がたくさんあります。

今回は、中でも下記の場所に実際行って、うわさが本当か確かめてみました。

新宿御苑:ピカチューの巣
錦糸公園:イーブイ/フシギダネの巣
日比谷公園:ニャースの巣
世田谷公園:ミニリューの巣
横浜赤レンガ倉庫:ワンリキーの巣

特に下の三つ日比谷公園、世田谷公園、赤レンガ倉庫については次から次へと遭遇する完全な巣!!!!

いずれも約1時間の滞在で10匹以上に遭遇しました!

ニャース
1時間の滞在で12匹ゲット。

日比谷公園
日比谷公園。
皇居のすぐ横で人も多くはいなかったが、それでもそのほとんどはポケモンGOをやっていそうな人たちだった。

ミニリュウ
見事なミニリュウの巣。
1時間の滞在で12匹ゲット。

世田谷公園
世田谷公園。
ここが今まで見た場所の中で一番人が多かった。
当然、みんなポケモンGOのために来ています。

ワンリキー
ワンリキーは、1時間余りの滞在で進化できるほどの数がそろった!

横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫。
ワンリキーの巣であるだけでなく、単発だがその他のレアポケモン、ケーシィ、コイル、ビリリダマ、イワークにも遭遇した。
観光地でもあるので歩いていて楽しい。
横浜のポケモン聖地か?!


錦糸公園は正直ビミョー。

自分の場合、1時間の滞在でイーブイは1匹、フシギダネは3匹だった。

正直、巣と呼んだいいものかどうか疑わしい。


新宿御苑は、確かにピカチューに会えるが、そう何匹も乱獲できない印象だった。

でも、カモネギもここでゲットできたので、なかなかいい気分。


関連記事

テーマ: ポケモンGO | ジャンル: ゲーム

Category: ニュース
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント