日本で一番悪い奴ら ★★★*☆

日悪北海道警の刑事・諸星要一を演じる綾野剛の熱演がすばらしい。

公僕の主人公の名前が「要一」と言う時点ですごくタイムリー。

手段を選ばず結果を出すことに固執する主人公の生き様は珍しいわけではない。

そして、それに伴う没落過程も女、クスリと絵に描いたようにパターンにはまっていく。

そういう意味では「一番悪い奴」と言うタイトルは誇張に思えるが、実際に警察で起きたという事件と言うのが驚きだ。

組織的に倫理観を高く保つってことはしょせん無理なんでしょうな。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント