オールデンのメンテ?

コードヴァンの手入れ方法は自分が調べる限り、様々で確立されたようなものが無いように感じました。

ただ、共通点は、

(1) クリームを塗る場合は、馬毛ブラシを使うということ
(2) ワックスで仕上げること。この時、全体に薄く塗ること。

のようです。

新品のツルツル状態の靴の表面を見ていると、プレメンテは不要かとも思えてくるのですが、そのまま外に出るのはやはり恐ろしいので、上記の2つだけすることにしました。

コードヴァンクリーム
今回手入れに使用したのは、5$で入手した純正ワックス(左)とサフィールのコードバン用クリーム(右)

実際やってみた手入れの手順は、

サフィールのクリームを手で塗りこみ
 ↓
クロスでクリームをふき取り+軽くクロスで磨き
 ↓
ワックスをクロスで塗りこみ
 ↓
馬毛ブラシで磨きこみ

クロスでクリームをふき取った時に、クリームが結構とれたので、ちゃんと皮革に浸透したかはよく分かりません(笑)

コードヴァンは触りすぎると毛羽立ったりすることもあるらしいので、今回は腫物を触るようにソフトな手入れにしておきました。

追って様子を見ながら自分の手入れ方法を見極めたいと思います。

ヴィンテージスティール
そしてヴィンテージ・スティールも装着。

コードバン990 前
準備完了です。



関連記事

テーマ: | ジャンル: ファッション・ブランド

Category:
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント