女が眠る時 ★★*☆☆

女が眠る時狙いは分かるのだが、もう少し振り切ってくれた方がいいような気がする。

でもそうすると、過去にもよくある映画になってしまうのかも知れないか。。。

今一つそれぞれが中途半端で心に届かない感じの映画だった。

ラストのオチで腑に落ちる部分はあるのだが、筋が通っているかどうか確認できる質の映画ではない。

あくまでも感覚による部分が大きかったように思うのだが、それにしては中盤の展開が物足りなかった。

忽那汐里は何とも子供っぽくて色気が感じられないし、小山田サユリも今一つエロくない。

セリフもいいとは思えないし、西島秀俊はこの手の映画が好きなのかもしれないが、雑な演技の後味の悪さが鼻についた。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント