ザ・ウォーク ★★★☆☆

ウォーク綱渡りだけで一つの映画が成り立つのだろうか?というのがこの映画のことを知った時の感想。

でも、監督がロバート・ゼメキスということと、レビューを見ていると思いのほか良かったりするので見に行ってみました。

結果、何か変わったアプローチの仕方をした映画かもと言う淡い期待はもろくも崩れ去り、まさに綱渡りだけの映画でした。

それでも、さすがロバート・ゼメキスと唸らされずにおれないほど見せ方の上手い映画です。

事実に基づいた映画と言うことで結果は分かってはいるのだけれど、それでも見ていて手に汗を握らずにいれないクライマックスの緊張感はすごいです。

ただ、WTCの圧倒的な大きさは映画の何度となく語られているが、なくなってしまったWTCを舞台になぜ今この映画が作られたのだろうか。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント