007 スペクター ★★★☆☆

007スペクターダニエル・クレイグの007は常に前作の続編と言う色が強いので、今回は鑑賞前に前三作のブルーレイを見なおしました。

今更ながら、「慰めの報酬」がすばらしいと思いましたが、それはさておき、「スペクター」です。

結論から言うと、期待しすぎたせいかちょっとがっかりな出来です。

最初のメキシコのエピソードはスゴイ!の一言ですが、そのあとの展開が今までにないほど安直で昔の007シリーズのようでした。

過去のシリーズに対するオマージュをふんだんに織り込んだとのことですが、昔のシリーズと違っているからクレイグ版ボンドが人気なんであって、余計なことをし過ぎですな。

噂ではクレイグ版はあと一本作られるようなので、クレイグ版らしいガチガチの007の復活を自分としては望みます。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント