黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★*☆

アディーレ原題は「Woman in Gold」のみだが、副題でネタバレなんてもう少し邦題のつけ方には工夫できなかったんだろうか。

事実に基づいている物語なので今やネットですぐにわかることなのかもしれないが、センスを疑う。

ナチスに翻弄された主人公のマリアとその叔母を描いたとされるクリムトの名画「黄金のアデーレ」。

命を危険にさらしながら家族を置き去りにして戦争中にオーストリアからアメリカに逃れてきたマリアは、オーストリア政府に接収された絵画を新米の弁護士と共に変換を求めて奔走する。

世界的に有名な名画の知られざる背景と物語に心動かされる。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント