ナイトクローラー ★★★☆☆

ナイトクローラージェイク・ギレンホールの怪演が不気味。

どこでもいると言ってしまえば身もふたもないが、自分のやりたいことに対して貪欲にガツガツと攻めていくタイプの人間、ルイス(ジェイク・ギレンホール)が主人公。

倫理観があればいいが、自分さえよければいいというエゴむき出しのアグレッシブな行動で周囲の嫌悪感をさそう。

何も持たない人間が社会の中でのし上がろうとすれば当然かもしれないし、それをある程度許容してしまっているのが現代社会。

そうした社会の裏の顔をこれでもかと突き出してくるのがこの映画だが、ジェイクの演技があまりにもリアルだからか見ていてひどい嫌悪感に襲われた。

こういう人も必要かもしれないが、自分はかかわりたくないなと改めて思った。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント