Mr.タスク ★★☆☆☆

MRタスクアメリカでポッドキャストを制作しているウォレスは、ポッドキャストのネタ探しのためにカナダを訪れる。

そこで出会った話を聞いてほしいという老人に興味を持ち、家を訪れるが、その老人にセイウチ人間になることを告げられる・・・。

人間とセイウチの融合を目論む老人の目つきと表情の狂気は本当に怖かった。

それだけに、セイウチ人間が登場した後は何とも形容しがたいガッカリ感を覚えた。

セイウチ人間ってそのままじゃないかと。

それだけこの老人が狂っているということなんだろうが、着ぐるみ感満載のドリフのコントのようなチープさにあっけにとられる。

セイウチ人間にされるまではまともなホラー映画だけにそのギャップに言葉を失った。

そういう映画なんだと言われればそれまでかもしれないが、さすがにもう少しひねったもらいたかった。

初めて親子共演しているジョニー・デップは相変わらず変な役どころだが、こんな大物が出演していてもほとんど宣伝もされないのは映画会社もこの映画の限界を悟ってのことなんだろうな。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント