ターミネーター:新起動/ジェニシス ★★★*☆

ターミネーター新起動新シリーズ開始の第一作目。

タイムマシンものとしても、これまで慣れ親しんできたドラえもんの時間概念ではなく、過去に干渉することにより違う世界が現れるというパラレルワールド系の概念を採用。

でもって、旧シリーズの基本的な設定を残して別のターミネーターの世界観を創り出している!

おかげでサラ・コナーも歴史が変わったことで綺麗になった(?)が、ジョン・コナーもターミネータ化されて登場するなど、完全に別物の映画になっている。

ヒットした映画がTV化されて設定自体変えられるのと似ている。

本作でも旧シリーズの暗さのようなものはなく、どこか明るさを感じる映画になってしまった気がする。

別物として割り切ればそれなりに楽しめる映画になっているが、1作目の雰囲気が好きな人からすれば受け入れられないかも。

最後はガーディアンもこれまでのターミネーターのいいとこどりでバージョンアップするが、このバージョンアップが今後新シリーズでどのように生かされるかも楽しみなところだ。

映画としての制約はつまるところ、シュワルツェネッガーがいつまで現役でやれるかどうかがポイントということのようで、それまではドル箱として何でもアリで続けていくようす。




関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント