チャイルド44 森に消えた子供たち ★★*☆☆

CHILD44殺人は資本主義国家の堕落の産物なんて話は初めて聞いたかもしれない。

本作ではソビエト連邦で連続幼児殺人事件が起きるのだが、社会主義の建前上、そんなことはあり得ないということで事故死扱いされる。

MGBのレオ(トム・ハーディ)はそういった社会の矛盾と事件に板挟みになりながら真実を解明していくという話。









関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント