ストレイヤーズ・クロニクル ★☆☆☆☆

ストレイヤーズ・クロニクルそもそもこの映画が破綻しているのだ。

原作は未読だが、人気作品ということらしいから映画化の仕方がまずかったんだろうか。

世界観にしても大友克洋が30年前から描いているものと変わらずで、オリジナリティは感じられないが、これは原作もそうなのか?

少なくとも映画の演出は、高校生が学園祭用に作った自主製作映画のような出来で脱力感でいっぱいだ。

沙耶(成海璃子)はいつもセリフを吐く前に毎回短くダッシュするのは目をつむるとしても、亘(白石隼也)が唐突に正気を戻したり失ったりというのは設定の説明不足過ぎてついていけないし、これまた唐突に破綻から救われる薬のことを話したりと重要なシーンで意味不明な会話をさせるなんてストーリー展開も危うくしている。

いい俳優をたくさん使ってるのに見続けていられなくなるのはとても残念だった。





関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント