新宿スワン ★★★*☆

新宿スワン園子温監督の最新作。

原作は和久井健のコミック、TBSが制作ということで、メジャー路線で作られた映画というせいか、そこかしこに園子温らしさは散見できるものの、全体としてマイルドな演出に感じられた。

出ている俳優は(特に男性は)強烈な個性をむんむん発していて存在感が半端ではない。

山田孝之は相変わらず強烈、伊勢谷友介もかっちょいい。

山田優は期待していなかったからいいとして、沢尻エリカも汚れ役的なイメージが定着してきているせいか、新鮮さは感じられずに今一つ存在感が薄かったのは残念だった。

ラストの終わり方からして、シリーズ化の可能性があるんだろうか。

新宿を歩くとよく見かける怪しげな輩たち。

この人たちはこんな世界でこんなことをやってたのねと改めて感心。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント