寄生獣 完結編 ★★*☆☆

寄生獣 完結編地球上の誰かが ふと思った
『人間の数が 半分になったら いくつの森が 焼かれずにすむだろうか……』
地球上の誰かが ふと思った
『人間の数が 100分の1になったら たれ流される毒も 100分の1になるのだろうか……』
誰かが ふと思った
『生物(みんな)の未来を 守らねば…………………………』

冒頭のナレーションから意味深な問いかけが行われ、映画の中でもたびたび哲学的ともいえる問いかけがなされる。

惜しむらくはその問いに関する明確な答えは示されないことだ。

逆にこの問いを考え始めるとこの映画の前提の脆弱性に触れてしまい、話が成り立たなくなってしまう。

実験は結果をまとめることなく崩壊するし、別の形でも何らかの答えが示されればいいのだが、アクションにごまかされてしまうのはなんとも残念だ。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント