映画 ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 ★★★*☆

ビリギャル 映画 1ベストセラーの「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化した作品。

ストーリーは原作本のタイトルそのままでサプライズはないですが、素直に感動できる映画になっています。

孤独な少女の受験物語のみならず、家族の話にも焦点が当たっていて学生だけではなく親世代でも映画に感情移入して楽しめると思います。

受験は家族も大変とは昔からよく言われていますが、親夫婦の話、兄弟関係の話、親子関係の話と家族論が裏のテーマです。

有村架純は、作り笑顔も嫌味にならず、予想以上に好演していてよかったなあ。

有村架純の採用はこの映画の良さを押し上げていると思います。

自分としては今後も少し注目。

ただ、今回のサンボマスターのテーマ曲は自分としてはイマイチ(笑)。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント