イントゥ・ザ・ウッズ ★★★☆☆

Into the woodsちまたでは賛否両論の映画。

というよりは、ネガティブな意見が多いようにも見受けられるが、自分はそれほどヒドいとも感じなかった。

おとぎ話の願い事も少し引いてみれば、自分のエゴをいかに実現するかという話。

エゴをむき出しにして得をするひとがいれば、その裏で必ず損をする人もいる。

おとぎ話なんてしょせん子供向けの話。

リアルに描けば黒くなる。

これまで、たくさんのおとぎ話を映画化してきたディズニーだからこそ作れた映画であり、この作品自体がブラックユーモアの大人向け映画だと思う。


関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント