ジュピター ★★★☆☆

ジュピターおそらく壮大な世界観の下に作られた映画なんだろうが、それが残念ながらすべて伝わってこない。

どこかですでに見たようなオリジナリティの希薄な映像と言うのも残念だ。

アクションそれ自体は退屈なものではなく、楽しい。

ただ、それの前提となる世界観が希薄でチープとは言わないが、重みが感じられない。

そういえば、主人公の名前がジュピター(木星)で、何のつながりもなく、さも当然のように舞台が木星になったりと情報の端折りすぎというのも絶句させられる。

映画と観客の間の甘えの構造のある映画にサプライズは当然のことながら求めることはできないし、予定調和の作品になることは宿命だ。



関連記事

テーマ: 映画レビュー | ジャンル: 映画

Category: 2015の映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント